暗号通貨

暗号通貨投資法

投稿日:


私は2017年2月ごろにようやくbitcoinが盛り上がってきていることに気づいたので参入は遅いです.

しかし,投資法が良かったのか,2カ月後には投資した額が3倍になっていました.

功を奏したのは「bitcoin以外にも分散して投資する」という投資法です.

この投資法に至った経緯について説明します.

bitcoinの盛り上がりに気付きbitcoinの仕組みについて調べたところ,一つ思うことがありました.

“Proof of Work”って限界があるのでは??

詳しいことは別記事で書くつもりですが,bitcoinのもととなるProof of Work(PoW)という仕組みはbitcoinが盛り上がれば盛り上がるほど消費電力が増える仕組みであり,正直スマートではないように思います.

そこで,調べたところPoWを代替する手段がいくつかあることを知りました.EthereumのProof of Stake(PoS)やXEMのProof of Importance(PoI)などです.

正直,数年後にどの仕組みが生き残るかはわかりません.

PoWがSegwit等で改良されて残るのか,PoS,PoIに主役が移るのか.

ただ一つ言えるのはブロックチェーン技術は世の中で重要な位置を占めるでしょう.そのため,暗号通貨のどれかは生き残るでしょう.

私がしている投資法はとにかく「分散」の一言に尽きます.

私は2017年2月に投資を初めて,BTC,ETH,XEMをそれぞれ買いました.BTC一本でいくのは不安があったからです.そして,値動きしていない通貨も何かの拍子で暴騰する可能性があるのでいくつかの通貨を持っておくことにしました.

初心者ながらこの作戦は功を奏し,ETH, XEMともに2カ月ちょっとで対日本円価値が700%以上になっており,正直びびっております.BTCはせいぜい130%程度の増加です.(これも普通の株式取引の比べればすごいですが)

ただ,最初はこのようにうまくいきましたが,暗号通貨はこれもまた何かの拍子で紙切れ(正確には無意味なビット)になりえるので注意が必要です.

いまの時期はブロックチェーン技術がバブルですが,弾けたときに生活に困らない程度の投資にしておこうと思っております.


-暗号通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Bitcoinの仕組み

Bitcoinの仕組み ブロックチェーン技術の中でも本記事ではbitcoinの仕組みに焦点をしぼって解説します. bitcoin のnetwork まず,bitcoinのwhitepaper(サトシナ …

no image

RSA暗号方式

    RSA暗号の仕組み ビットコインの説明で用いた「暗号ダイヤル」について詳しく解説していきます。この暗号ダイヤルというのは”RSA暗号”というもののモ …

no image

暗号通貨の認証方式

暗号通貨として最も有名なのはBitcoinですが,その認証方式が”Proof of work”ということはご存じでしょう. 他の認証方式としてはEthereumで用いられる&# …

no image

暗号通貨 情報サイト

暗号通貨の価値は大きく変動します. 何がその変動をもたらすのでしょうか. 株取引をしている方は日本語のニュースを見ていれば十分でしょうが,暗号通貨の場合,最新情報はやはり英語サイトです. bitcoi …